【完全版】介護福祉士に受かるためのコツ5選!勉強方法と内容を徹底紹介!

「介護福祉士の試験に受験するけど、どうやって勉強すればいいの?」

「介護福祉士の試験に受かるコツを知りたい!」

介護の仕事をする上で欠かせない重要な資格の一つに介護福祉士という国家資格があります。

しかし、どのような試験対策や勉強方法を行えばいいのか分かりにくいと思います。

そこで、介護福祉士国家試験に受かるコツと合格するための勉強方法を行うことで介護福祉士国家試験を合格することができます。

この記事では5つの介護福祉士国家試験に受かるコツと勉強方法の内容についてご紹介します。

また、試験対策や介護福祉士に関するよくある質問もあわせて解説します。

これから介護福祉士国家試験の勉強をはじめる方や、すでに試験勉強に取り組んでいるけど勉強方法に自信がない方はぜひ、ご覧ください。

徹底解説】介護福祉士国家試験とは?

介護福祉士国家試験とは介護系の資格の中で唯一の国家資格である介護福祉士を取得するための国家試験です。

毎年1月下旬ごろに行われており、全国の受験者数は約7万人から9万人の方が受験しています。

介護福祉士国家試験の受験資格には主に「実務経験ルート」「養成施設ルート」「福祉系高校ルート」の3つのルートがあります。

  • 実務経験ルート:3年以上の実務経験と介護福祉士実務者研修修了で受験可能
  • 養成施設ルート:高校卒業後に厚労大臣指定の養成施設を卒業することで受験可能
  • 福祉系高校ルート:福祉系高校卒業あるいは卒業見込みの方は受験可能

ご自身が当てはまるルートの内容に該当することで、介護福祉士国家試験の受験資格を得ることができます。

そして、介護福祉士国家試験の合格率は毎年70%前後で、試験内容は筆記試験と実技試験があります。

特に、筆記試験は13科目・11科目群の広い範囲の科目から約120問出題されており、合格する条件は以下の2つになります。

  • 出題された問題全体の約60%を得点すること
  • 全科目において得点していること

つまり、出題されたすべての科目で得点をとり、全問中6割以上の合計得点がないと合格できないということになります。

そのため、筆記試験を合格するためには事前に勉強をすることが必要になります。

【完全版】介護福祉士国家試験対策を4パターンで紹介!

「介護福祉士の試験対策ってどうやればいいのかな?」と考えている方に向けて、ここからは4つのパターンの介護福祉士国家試験対策をメリット・デメリットもあわせてご紹介します。

①独学の場合

  • メリット:費用を安くすることができる・自分でスケジュールを組みやすい
  • デメリット:モチベーション管理が大変・自分で調べないといけない

1つ目の介護福祉士国家試験対策が独学です。

独学の場合、参考書・テキストを中心とした勉強方法がメインとなります。

勉強で使う参考書・テキストは高くても3000円ぐらいで、最近ではインターネット・スマホアプリなどの無料コンテンツを使いながら勉強できるのでそのほかの試験対策より安くすることができます。

そして、自分で試験勉強のスケジュールを組みやすいので、ご自身のペースで試験対策を行うことができます。

しかし、独学の場合は分からないことは自分で調べないといけないことや、一人で勉強することでモチベーション管理が大変というデメリットもあります。

そのため、ある程度意思が強く、自分のペースで試験対策をしたい方に向いている方法です。

②講座の授業を通学で受ける場合

  • メリット:分からないことがあれば質問できる・モチベーション管理がしやすい
  • デメリット:費用が高い・スケジュールを組みにくい

2つ目の介護福祉士国家試験対策の方法が講座の授業を通学で受けることです。

プロの講師による講義を聞きつつ、分からないことがあれば質問することができるので効率的に試験対策をすることや、同じ目標を持った人たちがいるので、一緒に学ぶことでモチベーション管理がしやすいです。

しかし、独学より費用が高く、短期・長期により違いがあります。

短期だと3万円〜5万円・長期では20万円弱かかります。

そして、講義の時間は決まっているので、働きながら通学する場合はスケジュールを組みにくいことがデメリットになります。

そのため、費用やスケジュールにゆとりがあり、ある程度サポートを受けながら勉強したい方に向いている方法です。

③通信講座の場合

  • メリット:プロの講義で効率よく勉強できる・スマホやPCで手軽に受講できる
  • デメリット:費用が高い・モチベーション管理が難しい

3つめの介護福祉士国家試験の対策方法は通信講座です。

プロの講義を好きな時間にスマホ・PCで視聴しながら勉強することができ、チャットやメールなどで分からないことを質問できるので、自分のペースで効率よく勉強できます。

しかし、こちらも費用が高くなることや、一人で勉強することが多いのでモチベーションの管理が難しいというデメリットがあります。

そのため、通学が難しい・一人で勉強したいなどの理由があるけど、サポートを受けながら勉強したい方に向いている方法です。

「④専門学校や大学に通う場合」

  • メリット:施設にパイプを持っているため就職に有利・合格率が高い
  • デメリット:費用がかかる・通学期間が長い

最後の介護福祉士国家試験の対策方法は専門学校や大学に通うことです。

専門学校・短大の場合は2年で介護福祉士国家試験を合格し、介護福祉士の資格を取得することが可能です。

現場への実習・各種研修もカリキュラムとして組み込まれていることで、より実践的な知識・技術を学べるので、介護福祉士国家試験の合格率が高いです。

4年制大学は介護福祉士としての勉強を行いつつ、心理学・社会福祉学などより広い範囲の科目を学べるので、高い知識や理論を身につけることができます。

そのため、学校とパイプを持つさまざまな福祉施設への就職や研究者として大学院で学びながら仕事をするなど幅広い就職の方法があります。

しかし、専門学校・大学に通う場合は多額の費用がかかり、専門学校・短大だと100万円から200万円、4年制大学は400万円から600万円が相場となります。

そして、学校の講義・実習や研修などは決まった時間に行われるのでスケジュールが組みにくいことや、2年〜4年という長い通学期間がデメリットになります。

そのため、じっくり学びながら介護福祉士を取得したい方に向いている方法です。

介護福祉士に受かるコツ5選!

ここからは介護福祉士国家試験に受かるためのコツをご紹介します。

特に筆記試験の場合、5つの受かるコツを押さえながら勉強することで合格につながります。

①問題傾向を把握する

1つ目の受かるコツは問題傾向を把握することです。

試験勉強を始めたけど、ただやみくもに問題を解いてばかりでは時間が足りず、勉強を行うという意味では効率が悪いです。

そこで、筆記試験の大まかな内容・科目ごとにどういった問題が出題されるのかといった出題傾向を把握するようにします。

そうすることで、ご自身にとって得意な科目・苦手な科目・重点的に勉強が必要な科目などを把握することができるので、今後の試験勉強の方向性に役立ちます。

②モチベーション維持を行う

2つ目の受かるコツはモチベーション維持を行うことです。

介護福祉士国家試験を合格するためには長いスパンをかけて、ご自身のペースで勉強し続けることが大事です。

そのためにはモチベーションを維持させることも大事なことです。

特に勉強すること自体は負担に感じることもありますが、無理をせず短時間でもいいので続けることで勉強自体が習慣化し、しないと落ち着かないぐらいになると効果的に勉強することにつながります。

そして、体の休息・自分へのごほうびや気分転換の方法を行うこともモチベーション維持につながります。

そのため、勉強を続けることができるように自分でモチベーション管理を行うようにしましょう。

③頻繁に出る内容を重点的に学習する

3つ目の受かるコツは頻繁に出る内容を重点的に学習することです。

筆記試験の出題範囲や内容が広いことで、何から手をつければいいのか判断に迷うこともあります。

しかし、各科目や項目ごとに出題されやすいポイント・頻繁に出題されている内容があるので、この2つを押さえることができるように重点的に勉強しましょう。

そうすることで、効率的に勉強することができるのでより理解を深めることができます。

④難易度の高い範囲を学ぶ

4つ目の受かるコツは難易度の高い範囲を学ぶことです。

頻繁に出る問題をある程度解けるようになれば、難易度の高い問題や苦手な問題を解けるように勉強します。

そのため、さらに得点できるチャンスを増やすことができます。

しかし、条件として難易度の高い問題を把握する必要があります。

例えば、障害や社会福祉に関する制度、福祉の歴史や人物などは介護現場で仕事をしている方には馴染みがあまりないので難しいとされています。

ご自身にとってどんな問題が難しいのか把握し、重点的に勉強するようにしましょう。

⑤得意分野を磨く

最後の受かるコツは得意分野を磨くことです。

筆記試験の合格する条件である「全科目において得点していること」「全問中60%以上の得点をとること」を達成するには、全科目で点をとり、合計点数を6割以上の点をとることが必要です。

しかし、問題を解いていくと苦手な科目の問題もありますが、得意な科目の問題で得点することでカバーできるので、合格できる可能性は十分あります。

現時点でどの科目が得意なのかわからない場合は、全体の出題数の配分を確認し、問題数が特に多い科目を中心に勉強するようにしましょう。

介護福祉士国家試験に一発合格する勉強方法を紹介!

ここからは介護福祉士国家試験に一発合格する5つの勉強方法をご紹介します。

ご紹介する勉強方法を実践することで、筆記試験を一発合格することにつながります。

①過去問を解く

1つ目の勉強方法は過去問を解くことです。

過去問を解くことで試験の全体的な内容の傾向や出題数・出題形式などを把握することができ、ご自身の苦手な科目や現時点での難易度を知ることもできます。

そして、ある程度勉強してから過去問を解くことで、勉強した内容がしっかり定着しているのか・どこが理解できていなかったのかを確認することもできます。

そのため、自分のレベルを確認しながら効率よく勉強ができるように過去問を解きましょう。

②間違えた問題を確認する

2つ目の勉強方法は間違えた問題を確認することです。

過去問で間違えたところを確認することで、ご自身の苦手分野や理解が足りていない科目・問題を把握することができるので今後の課題につながります。

課題が見つかれば、間違えた科目・問題についてさらに勉強することで理解することができます。

そのため、間違えた問題としっかり向き合い、さらなる得点へ結びつけるようにしましょう。

③分からない部分の知識をインプットする

3つ目の勉強方法は分からない部分の知識をインプットすることです。

過去問や問題集を解いていくと、間違った問題・分からなくて解けなかった問題があると思います。

そうした問題には解答・解説を読むことで次に活かせます。

解答・解説から分からなかった所をキーワードとして抜き出し、参考書やテキストなどで該当する部分を勉強することで、知識としてインプットすることができます。

そのため、解答・解説を上手に使いながら知識をインプットし、レベルアップできるようにしましょう。

④過去問を繰り返し解く

4つ目の勉強方法は過去問を繰り返し解くことです。

特に過去3年間の過去問を繰り返し解くことで、問題の形式・近年の傾向などを把握すること・実際に行われた問題を解くことで試験に慣れることにもつながります。

そして、これを3周繰り返して問題を解くようにします。

そうすることで、理解できていない科目や問題を知ることができるので、その部分を復習することでより理解を深めることもできます。

そのため、過去3年間の過去問を3周繰り返すことがおすすめです。

⑤模擬試験を受験してみる

最後の勉強方法は模擬試験を受験してみることです。

模擬試験を受けることで、これまでの勉強の習熟度・各分野での得点の内訳などを確認できるので、点数が低い科目を把握することができます。

そして、点数が低い科目の勉強を行うことで理解を高めることにつながります。

また、模擬試験は本番さながらの試験になるので、1問にかける時間配分や緊張感などを経験することで、試験本番の時は落ち着いて問題を解くことにもつながります。

そうしたことから、模擬試験を受験することで現状を把握し、次のアクションにつながるのでぜひ受験しましょう。

もし、行き詰まった場合は、アプリや動画など別の問題形式のものを活用し、勉強することもおすすめです。

介護福祉士に関するよくある質問3選!

ここからは介護福祉士に関するよくある質問を3つご紹介します。

試験勉強の時間・難易度や介護福祉士よりキャリアアップできる資格について解説しています。

①介護福祉士試験に合格する勉強時間の目安は?

介護福祉士国家試験を合格するための勉強時間は1日あたり約1時間から2時間で、短くても30分が目安です。

それ以上の時間を勉強に費やすと長く続かないことやモチベーションの管理が大変になるので、効率がいいとは言えません。

長いスパンをかけてあまり負担にならない時間で勉強する方が気軽に取り組めます。

ちなみに、独学で試験勉強始める場合は、試験当日より半年前から始める方がおすすめです。

毎年6月下旬ごろから、その年度の国家試験に関する詳細なアナウンスが発表され、7月頃に各出版社からその年度の試験に対応した参考書・問題集が発売されます。

そのタイミングで新しい参考書・問題集を準備して勉強を始めることで、最新の試験対策の情報や新しい知識をインプットすることができます。

そのため、試験半年前から1〜2時間の勉強をこつこつ続けることで試験合格につながります。

②介護福祉士の試験は難しい?

介護福祉士国家試験の合格率は平均70%前後で、2023年度の合格率は84.3%となっています。

例えば、ケアマネジャー試験の合格率は19%、社会福祉士試験の合格率は30%となっているので、他の介護系資格とくらべても高い水準となっているので、難易度としては低いです。

しかし、受験すれば誰でも合格できるわけではないので、事前にしっかりと試験勉強をする必要があります。

③キャリアアップ出来るさらに高度な資格は?

今後、介護福祉士の資格を取得してからキャリアアップをしたい場合、おすすめの資格がケアマネジャーと社会福祉士です。

ケアマネジャーは介護が必要な方が介護保険サービスを利用できるように、利用者の状態・困りごとを把握した上で、サービス利用に必要なケアプランを作成することが主な仕事です。

そのほか、サービス事業所やご家族などの関係者への連絡調整、介護保険に関するさまざまな手続きの代行などを行う専門職です。

ケアマネジャーの資格取得には試験・実務研修をクリアすることが必要で、受験の条件は介護・医療・社会福祉の職種として5年以上の実務経験が必要で、試験の合格率は10%〜20%となっているので狭き門となっています。

社会福祉士はさまざまな問題を抱えている方の相談を受けて、日常生活を過ごせるように医療・介護などを含めたさまざまな専門職と連携しながらサポートをすることが仕事です。

その他には地域における課題に対する新たな社会資源の開発にも関わっている専門職です。

社会福祉士の資格取得には試験合格が必要で、受験の条件はさまざまなルートによって違いがありますが、最も多いのは福祉系の大学・養成施設などを卒業することが必要で、試験の合格率は30%となっており、福祉系国家資格の中では最も難易度が高いです。

介護福祉士の資格を取得し、キャリアアップを目指すのであればケアマネジャー・社会福祉士の資格取得を目指しましょう。 

5つの受かるコツと勉強方法で合格を目指しましょう

今回は介護福祉士国家試験を合格するための5つの受かるコツと勉強方法をご紹介しました。

介護福祉士の資格取得のため、現在も試験勉強を取り組まれていると思います。

そこで、今回ご紹介した受かるコツ・勉強方法を実践することで試験合格に近づけることができますので、本記事が受験される方の一助になればと思います。

今回は最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です